またずれ 防止 クリーム

MENU

またずれ防止にオロナインを塗ったら黒ずんできた!

『オシャレは我慢』と聞いて生足でスカートはいて頑張ってたんですけど、またずれしちゃって防止策を探してたんです。

 

お母さんに相談したら「オロナイン塗っておきなさい」って言うから、毎日オロナイン塗ってたらなんだか黒ずんできてしまって…

 

またずれ黒ずみ

 

 

よくよく調べてみると、オロナインに含まれる“クロルヘキシジン”という成分が傷の治りを遅くしてメラニンを生成させるから黒ずみの原因になるらしんですよね。

 

ワセリンはべとべとして気持ち悪いし、服も汚れる…

 

 

そんな時に見つけたのが、またずれを防止して美白成分も配合されたクリームだったんです。

 

クリームだけど塗るとサラサラになって保護膜が肌を守ってくれるし、資生堂の高級美白化粧品の主成分にもなってる“トラネキサム酸”が黒ずみをブロックしてくれるから、またずれ防止クリームで1番優秀だと思います。

 

⇒ 私が愛用している、またずれ防止クリームはコレ

 

 

 

 

またずれ防止の為に、原因と対処方法を知っておこう!

 

またずれになってしまう大きな原因は、皮膚同士がすれる時に起きる摩擦が原因なんです。

 

摩擦が起きる頻度が多いと炎症になってしまって、ひどい時には歩くたびに痛い思いをしてしまう事もあります。

 

またずれ防止

 

 

夏場の時におしゃれを楽しもうとスカートで生足なんてしてしまうと、歩くたびにヒリヒリとして、1日が終わるころには真っ赤になってしまう事もありますよね(´;ω;`)

 

またずれをしてしまう事で、もう一つ起きてしまうのがボトムスの内側と太ももがこすれて穴が開いてしまう事。

 

 

太ももがこすれてしまうと服同士が知らず知らずのうちに擦れて、破けて穴が開いてしまうんですよね。

 

1歩歩くたびに擦れてしまうので、気が付くとすぐに洋服がダメになったり、痛みを我慢して1日を過ごさなくてはいけないという事もぽっちゃりの私には多いです。汗

 

 

またずれは痩せればならない?

 

またずれ防止の一番はふとももが擦れないように、部分痩せをすることなんです。

 

ふとももを少しでも痩せることが出来れば、またずれの悩みから解放できるんですけど、部分痩せはすぐに効果も出てくるわけではないのが悩み所。

 

またずれ部分痩せ

 

 

部分痩せをしようと思うと、結局全身ダイエットにもなるのでチャレンジするのもちょっと大変です。

 

そこで、またずれの防止方法の一つで良く使っているのが、強制的にふとももを細くすることです。

 

 

「えっ、そんな事できるの!?」

 

 

と思うかもしれませんが、またずれ防止用のパンツを履けば、太ももにピッタリくっついて、太ももが擦れないように対処できるので、すぐに効果を体験できます。

 

痩せようと思ってすぐに太ももだけ痩せられたら誰も苦労しないわけで^^;

 

太ももが擦れないように少しずつ痩せる事を目指しつつ、まずはインナーパンツで対処するのが一番楽ちんな方法です♪

 

 

太ももを細くする方法

 

太ももを補足してまたずれを防止するなら、やっぱり運動が必要になってきます。

 

でも例えばジムで自転車を漕いで太ももを細くしようとすると、最初はサドルと太ももが擦れてまたずれが起きてしまうし、筋肉が付いて逆に太くなってしまう恐れも…

 

 

なので、またずれ防止で太もも痩せを狙うならストレッチが有効です。

 

ストレッチなら筋肉を付けずに脂肪を燃焼する事ができるので、お風呂上りやテレビを見ながらやる習慣をつけると効果は確実にでてきますよ♪

 

 

↓男性トレーナーの動画ですが参考になります

 

これを機会にヨガに通い始めるのもいいかもしれませんね、ヨガなら体に負担がかからないし、全身の代謝がアップするので無理なくダイエットできて最高です。

 

私が通ってるのは、ホットヨガと言って温度の高い部屋の中でヨガをしてトレーニング効率を高めるズルいタイプのヨガ教室です。めちゃめちゃ気持ちいので、近くに教室があれば是非体験してみて下さい。^^

 

⇒ 女性に1番人気のズルいホットヨガ教室

 

 

またずれの痛みを和らげ、再発を防止するには?

 

話を本題に戻しましょう。またずれの痛みを防止するには、まずは皮膚を守るクリームを使うのが一番です。

 

炎症が起きている時は痛みを防止するのを最優先にした方が良いので、ちょっとおしゃれは我慢して、キズパワーパッドなどを貼って潤いを保ちながら炎症が収まるまで待ちます。

 

キズパワーパッド

 

 

次に大事なのが、またずれの原因になっている皮膚同士がこすれる摩擦を無くすことです。

 

おすすめなのが太ももに肌触りのいい洋服を選ぶと、摩擦も起きにくいので痛みも和らいでくれます。

 

 

摩擦を起きないようにすれば、またずれになりません。

 

私がまたずれになってしまった時の対処法としてよくやるのが、スキニータイプのパンツやスパッツを履いて、肌にピタッと合うようにして落ち着くまで再発防止をします。

 

まとめると

 

  • またずれが酷い時はキズパワーパッドで炎症が治まるまで待つ
  • 生足を出す時はクリームを塗って、太ももが擦れないようにする
  • スパッツを履いて肌が触れてないようにする

 

これでほぼ完ぺきに、またずれ防止をすることが出来ます^^

 

 

またずれ防止にパンツ!痛みを即効和らげるにはコレ

 

私がいつも使っている、またずれ防止パンツは、オールシーズン使える柔らかい素材で出来た太ももにフィット感があるけど締め付けを感じないタイプです。

 

 

またずれ防止目的だけなら、太ももにフィットしていれば大体OKなんです。

 

なので、ストッキングも効果的だし、冬場であればズボン下でもまたずれ防止に役に立ってくれます。

 

 

夏の暑い時期は密着していると暑いので、またずれ防止を目的にした3分丈ガードルがオススメです。

 

薄手の生地で、かなり伸びるので履きやすい!

 

足の付け根までしっかりと履けるのでまたずれ防止にぴったりなんです。

 

 

鞄に入れても邪魔にならないので、汗をかいたら交換するという使い方も出来ちゃいます。

 

 

またずれ防止パンツ、スパッツはいくらぐらいで買える?

 

またずれ防止パンツやスパッツは1枚1000円位で買える事が出来ます!

 

思っているより安いので、色々なカラーを集めるのも楽しいですよ^^

 

 

夏には涼しく見えるガウチョパンツとスパッツの相性はぴったりで、生地が薄くて透けてもいいようにカラーに合わせて揃えられるのも良いですね!

 

セールの時期であれば1枚半額で買えることもあるけど、あまり安すぎるのは耐久性や撥水性が悪くて臭ったり破けたりするのでオススメできません(>_<)

 

またずれ防止パンツ

 

 

シルクタイプの高級スパッツはちょっと割高で3,000円前後くらいが相場。

 

それでも着心地抜群なので冬の寒い時期に重宝する、ほっこりアイテムです。笑

 

 

ぽっちゃりさんに特におすすめの“花柄チュールレースの3分丈ガードル”は、1,600円をくらいで手に入れる事ができちゃうので、またずれ防止パンツを探す時には真っ先にチェックしておくと良いと思います。

 

 

またずれ防止パンツ、スパッツって本当に効果あるの?

 

またずれ防止パンツやスパッツは強制的にふとももをキュッと締め付けてくれるので、しっかり太ももが擦れ合うのから解放してくれます!

 

それだけじゃなく、またずれ防止パンツはぴちっと皮膚にくっつくので、履くだけでこすれてヒリヒリしちゃうのも守ってくれます。

 

 

太ももの皮膚が摩擦しないことがまたずれ防止には必要なので、選ぶ生地もツルツルしたなめらかなタイプの物じゃなければ効果は薄めです。

 

汗をかいてると逆効果で擦れっぱなしなんてことも起きちゃいます。

 

 

ただ、締め付け感はどうしてもあるので、最初のうちは違和感はありますが慣れてしまえば気にならずに履けるはず。

 

特にスパッツの方は締め付け感が強いので夏場はちょっと暑かったりするので、薄いストッキングのタイプか少し緩めのパンツタイプがおすすめです^^

 

 

またずれ防止にはワセリンやオロナインを塗っておけばOK?

 

またずれ防止対処法として、よくワセリンやオロナインを考えてらっしゃる方がいるので、ここで2大人気製品についても触れておきたいと思います。

 

 

ワセリンの効果や使い方について

 

ワセリンは皮膚の保護をしてくれるもので、それ以外にも鎮静作用や新陳代謝を高めるといった効果もあるので、またずれ防止を手軽に出来るクリームの一つです。

 

ワセリンは肌トラブルに悩みを抱えている人にとって、スキンケアの定番として使われている物なんです。

 

またずれ防止ワセリン

 

価格は500円から1000円程度ですが、空気に触れると油のにおいがきつくなってしまうので、使い切りやすい少量のタイプを選ぶのがおすすめです。
(ワセリンには黄色・白色と種類があるのですが、白色ワセリンを選ぶ方が無難です!)

 

 

髪の毛やまつ毛のケアにも使え幅広く使えるワセリンは、美容アイテムとしては持っておきたいクリームの一つです。

 

ワセリンを使う時の注意点としては塗りすぎないことと、自分の合う物を探す必要がある事です。

 

オロナインの効果や使い方について

 

オロナインと聞くと、個人的にはニキビや火傷のイメージが強いのですが、擦り傷にも使える軟膏になってます。

 

オロナインは肌トラブル全般に使えるので、もちろんまたずれでできた炎症にも使えます。

 

またずれ防止オロナイン

 

 

またずれの部分に塗って、皮膚同士がぶつからないように大きめの絆創膏を張ればOK!

 

値段は300円から700円程度で、分量によって値段が変わります。

 

 

気軽に買えるのですが、オロナインは医薬品なので少なからず副作用を発症するリスクがあり、ずっと使うには不向きなんです。

 

殺菌消毒をして傷が治るまで使ってあとは使い続けないという事も必要です。

 

 

冒頭でも触れましたが、“クロルヘキシジン”という成分が肌に合わず『薬物性皮膚炎』を起こしてしまったケースもあるんです。

 

痛みは抑えてくれると思いますが、またずれの治りを遅くして黒ずみの原因になってしまうので、個人的にはオススメできません。スキンケアのように肌の保湿やまたずれ防止用として使い続けるのは止めた方が良いです。

 

 

使う時はきちんと説明書を読んで、またずれが治ったら別のスキンケア用品で予防をするのがおすすめです。

 

 

結論!またずれ防止にワセリンやオロナインは効くの?

 

またずれ防止狙いであれば、ワセリンを使う方が良いと思います。

 

  • ワセリンは肌の保湿に使えるので、予防するなら全身にも使える白色ワセリンを選びます。
  • オロナインを使う時はまたずれで痛みが出てきたり、傷になってしまった時に使う方法がぴったりです。

 

 

どちらも弱点としてベタつきがあるという事。

 

べたつきを抑えるにはベビーパウダーや上から絆創膏ですが、結局こすれて痛かったりするのでさらにスパッツを履かなければいけないという事も多くなるのが難点^^;

 

 

そういう時は、またずれ防止専用クリームで対策してくのが良いです。

 

私も愛用していますが、べたつきもなく生足でもOKなので、またずれ防止パンツとクリームでふともも2重にガードする必要もないので楽ちんですし、メラニンの生成を抑えて黒ずみにも効果あるので使えるアイテムですよ。^^

 

⇒ またずれ防止専用クリームの詳細

 

 

私が実践している、1番オススメのまたずれ防止策

 

私もワセリンやオロナインを使ったりしてようやく辿りついたのですが、またずれ防止の専用クリームがかなり優秀なんです。

 

色々なクリームを探すより1本で全部解決!っていう位の優れもの。

 

 

股の痛みだけじゃなく、肌の黒ずみケアにも使えるのがかなり嬉しい。笑

 

使い方も簡単で、朝1回塗るだけでサラサラが続くので生足でスカート履いても、またずれを気にしないで過ごせちゃいます。

 

またずれ防止クリーム

 

 

仕事中はどうしてもスパッツがはけない時もあったけど、痛み耐えて我慢した挙句、出来てしまった黒ずみ。

 

どうするのがいいのか悩んでたけど、このクリームに出会って一カ月くらいたったらそんな悩みが吹っ飛んじゃいました!

 

 

ワセリンもスキンケアにもいいんだけど、美容成分のあるこっちの方がデリケートな部分に使えるし、美白効果のある薬用成分(高級化粧品に使われるトラネキサム酸など…)も入ってるから満足度はかなり高いです。

 

今では毎日が楽しく思いっきりオシャレができてます♪

 

 

クリームの上からまたずれ防止パンツをはけばさらにGood!

 

ヒリヒリがつらい時は、「またずれ防止クリーム」と「またずれ防止パンツ」の組み合わせで痛み対策はバッチリ!

 

またずれ防止用として夏はストッキングで、冬はレギンスっていう組み合わせをしている方も多いと思います。

 

またずれ防止レギンス

 

 

悩んでしまうのが、それでも擦れて痛い思いをしてしまう事。。。

 

またずれ防止パンツだけだと、内側だけずり上がってくるという事もあるし、気が付いたら破れてたっていう事も結構あるんですよね。汗

 

 

汗をかいて摩擦が大きくなったり、生地が滑らかじゃないのが原因なんですが、クリームを併用すればサラサラ効果で汗も気にならなくなるのでオススメです。

 

さらにクリーム効果で擦れることも抑えられるので、服のダメージも軽減も狙えちゃいます。

 

 

またずれの痛みがきつい時こそ、クリームを使ってふとももケアと肌をツルツルの状態にして、またずれ防止パンツを履けば、夏でも冬でも1日中またずれの悩み忘れて快適に過ごせますよ^^

 

 

またずれが悪化するとどうなる?皮膚科に行けない時の対処法

 

一番やってはいけないのが、見た目を気にしてまたずれが痛いのに放置しちゃうことなんです。

 

 

「わざわざ皮膚科に行くほど深刻でもないし、またずれ防止のためにあれこれ揃えて、薬局巡ってピッタリのクリームを探したりするのも大変だし。」

 

ちょっと面倒だなって、そのままで痛いのも我慢してると、目に見えてどんどん悪化していっちゃうので注意して下さいね!

 

 

一番簡単なのはキズパワーパッドでまたずれした個所を覆って、体液(滲出液)を保ってあげるモイストヒーリング(湿潤療法)

 

ちょっと前まで、『傷口は乾かして“かさぶた”を作った方が治りが早い(ドライヒーリング)』なんて言われていましたが、ドライヒーリングは“かさぶた”が新しい皮膚や傷を治す体液(滲出液)の働きを邪魔するのでキズの修復が結果的に遅くなります。

 

またずれ傷痕

(参照:ジョンソン&ジョンソン公式HP

 

 

さらに、ドライヒーリングは傷跡が残ってしまうリスクがあるので、黒ずまないように絆創膏で覆って傷口をふさいで潤いを保ってあげましょう!

 

ひどい時には湿疹ができ始めて、痒みが出てきたりさらには皮膚がめくれて重症化してしまう可能性だってあります。

 

 

そこに雑菌が入ると、痛みだけじゃなくて下手したら手術が必要になる場合もあるので、皮膚科では済まなくなってしまうくらい怖いです(´;ω;`)

 

またずれになる前に防止クリームでケアするのが一番ですが、肌がただれて来てしまったら傷口を労わって回復を優先してあげて下さいね。

 

 

まだヒリヒリな段階であれば、手遅れになる前にちょっとした時間でササッとふとももに塗るだけで痛みも治まってケアが出来る、またずれ専用クリームで対処するのが一番簡単でオススメです。

 

⇒ 手軽にケアできる、またずれ専用クリーム